徳を磨き功名を立てる。

底辺労働者を脱したいモルクのメモ帳。

やっぱ勤め人は搾取されてるなぁと思った話。

f:id:molk_f:20190310042757p:image

モルクです。

 

副業で稼げるようになって思ったのが「金稼ぐって簡単なんだな」ということです。

 

勤め人は週5日、毎日10時間程働いて月収20万程の人が多いと思います。

改めて考えてみると、これって楽なことではありません。

増してや好きでもない仕事だったら尚更です。

 

勤め人は誰に対して価値を与えてる?

お金=「ありがとう」の対価です。

価値を与えた人がお金を稼げます。

便利な商品や気持ちの良いサービスを提供したり、芸能人やスポーツ選手のように人々が熱狂するような作品を作り上げたり、お笑い芸人のように人々を笑わせたり。

 

では勤め人を考えてみましょう。

勤め人は給料を貰っています。

「価値を与えた人がお金を稼げる」という理論が本当なら、給料を貰っている勤め人も誰かに対して価値を与えていることになります。

 

では、勤め人は誰に対して価値を与えているでしょうか。

 

勤め人は会社に価値を与えている

例えば、スマホを作る会社があったとします。

その会社でスマホを作っているのは社員です。

しかし社員は、スマホを買ってくれた人に価値を与えているわけではありません。

 

スマホを売ったのは会社です。

会社はスマホを売ることで価値を与えて、その対価として利益を上げます。

 

ではそのスマホを作る為には社員が必要です。

スマホを売りたいから社員に作らせます。

つまり、社員は会社の為にスマホを作ります。

 

社員は会社に対して労働力という価値を与え、その対価として給料を貰っているのです。

 

労働力の価値は本当に「月20万」なのか

少し話は変わりますが、俺がやっている副業は転売です。

安く仕入れて高く売るだけです。

 

このビジネスをして与えている価値と言えば、例えばAmazonでは売ってないモノを「こんなモノもありますよ」と教えてあげるってことかもしれません。

作業時間は月に合計で10〜20時間くらいだと思います。

つまり、10〜20時間作業すれば月収20万くらいは稼げます。

一方、勤め人は週5で毎日10時間前後働いて月収20万くらいです。

 

同じ月収なので単純にそれぞれの投下時間で割ってみると、時給は俺の方が上です。

だからといって勤め人の方が価値を与えていないと言えるでしょうか?

毎日辛い思いして、長い時間をかけた勤め人の方が価値を与えていないのでしょうか?

 

そんなことはないと思います。

勤め人は会社に対して、月20万以上の価値を与えていると思います。

では、なぜ勤め人は月20万しか貰えないのでしょうか。

 

やはり勤め人は会社に搾取されている

俺は別に「自分のやっている副業がこんなに優れているんだ!」と自慢したいわけではありません。

「価値を与える=お金を稼げる」という原則を考えた時に、勤め人の給料は割に合わないと言いたいのです。

 

ではなぜ勤め人が価値に見合った給料を貰えないのか。

それは「会社や国に搾取されているから」というのが俺の答えになります。

 

別に根拠はありません。

「俺の考え方」というやつです。

頭の良い人からしたらツッコミ所もあるかもしれません。

 

俺も一応まだ勤め人です。

勤め人のモノサシで考えた時、月20時間の作業で月20万稼げることに対して「こんなに簡単に金稼げるんだ!」と思うのは当たり前です。

 

「当たり前」に疑問を持ってみる

うだつがあがらない勤め人は、そう思うならもっと考えるべきです。

当たり前だと思っていたことに対して「本当にそうなのか?」と疑問を持つべきです。

 

辛いと思いながらがむしゃらに働いても、現状が変わるとは限りません。

何事も、どれだけ頑張るかではなく、どう頑張るかです。

 

勤め人がダメとか言いたいわけではありません。

考えて自分なりの答えを見つけた上で、現状のままでいいのか、何か変えた方がいいのか判断した方がいいです。

 

可能性は広い方がいいでしょ?